資料請求・お問い合わせ

トピックス

\きっずノートの活用例/職員の皆さまの使い方

2020/06/23

こんにちは!

有限会社ゼンポのきっずノートサポートチームです。

 

きっずノートサポートセンターのお問い合わせの中で、多くいただいておりますのが職員の皆さんの使い方です。

 

各施設の皆さまがどのようにきっずノートを活用しているのか、ご紹介させていただきます!

 

1.先生IDとは・・・

その名の通り、保育施設などでお勤めされている職員の皆さまのためのIDです。

IDを作成する際は「クラスID」として、または「職員個人ID」の2種類が考えられます。

 

「クラスID」・・・例)0歳児クラスの担任2人とフリーの先生の合計3人で、0歳児クラス用のIDをシェアする。

「職員個人ID」・・・全職員1人ひとりがIDを保有する。登録するクラスが複数の場合、その都度スマートフォンの左上「三」より閲覧したいクラスの切り替えが必要です。

 

 

※いずれもIDを作成する時に「先生」を選択します。

 

先生IDの権限は以下になります。

・全機能における全クラスまたは担当クラスの投稿の作成、閲覧

※担当外クラスの作成、閲覧は不可

・園児/職員IDの登録承認

・園児/職員のクラス追加、削除、退園

・クラスの作成/削除

 

2.先生IDと保護者IDの二つ持ち!

皆さま「職員」というクラスを作成しているところが多いとよく耳にします。

職員のみに知らせたい内容や、お知らせ、書類などありますよね。

もちろん、上記でご案内させていただいた「先生ID」を「職員」クラスにご登録いただければ記事の作成や閲覧が可能です。

 

ですが1点ご確認いただきたいのが、「先生ID」を登録しただけですと「既読/未読」確認のカウントがされない、ということです。

きっずノートの構成上、各通知の配信は「保護者様」に向けているため、「職員」クラスに「職員ID」で登録しても既読/未読カウントの対象にはならないのです。

 

そのため、施設によっては先生が「保護者ID」を保有しているところもあるようです。そうすることで、既読/未読の確認ができるのです!

 

職員向けのアンケートや回覧など、きっずノート内で終わらせたい施設の方はこのように、「先生ID」と「保護者ID」の2つ持ちをするという方法があります!

 

IDを「先生」→「保護者」にする場合は、切り替えをする必要があります。

※スマートフォンでのID切替はコチラで↓↓

 

 

皆さまも自園にあったやり方で活用してみてください!

 

 

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

   お問い合わせ・詳細は

「きっずノートサポートセンター」より

   http://www.kidsnote.jp/

~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

一覧へ